9月2日

深夜バスで一夜を明かしたマーボー氏。
ようやく弘前に到着です。


→→→→→→ →→→→→→ →→→→→→
弘前に入る。

奥に見えますのが
優雅な津軽富士こと岩木山。
恥ずかしそうにてっぺんを雲で隠しております。

津軽平野に入った途端、視界が開けた。


a0043360_10485296.jpg

→→→→→→ →→→→→→ →→→→→→


そして移動を試みた。


→→→→→→ →→→→→→ →→→→→→
弘前から電車に乗った。

1時間半かけて11時には金木へ到着。
太宰の産まれた町です。

電車から青森方面を眺めていると後ろに気配が。
津軽富士が大股開き(ル・グラン・デカール)で
そびえ立っていました。

ハッとするほど美しい。

太宰が富士山を「大した山じゃない」といふのも
津軽富士を見たら、津軽富士に見つめられたらわかりました。

別の角度からもパチリ

a0043360_10574182.jpg

→→→→→→ →→→→→→ →→→→→→


そして、到着したのは「斜陽館」。
積年の思いを胸に北上し、ついにダムが決壊しました。


→→→→→→ →→→→→→ →→→→→→
今日マーボーが初めてぇ~
斜陽館に着いたよぉ(着いたー!)♪

五所川原から津軽鉄道に乗って
金木に向かう途中、涙が出てきた。

実家を懼れていた太宰のように、
行きたいけど行けない。
人を心から愛したいけど愛せない不器用な太宰と
自分が重なったからか。

太宰も半分泣きながら津軽鉄道に乗ったであらう。
太宰がきちんと津軽を旅行したのは36の時(数え年だけど)。
僕も今年36。

a0043360_1174663.jpg

→→→→→→ →→→→→→ →→→→→→

感動しぃでありロマンチストであるマーボー氏。

よく単なる表現として「涙が出た」と著す人もいるが、
マーボー氏の場合、本当に泣いてるからスゴイ。

今回は涙の跡こそ写真に残してないが、
ビートルズの旅の際には
その顔も写真に収めてきている。

さすがは全身小説家(志望)。


ちょっと中途半端だけど、今回はここまで。
次回は夕食からスタートです。
[PR]
by trasac | 2010-08-03 11:15


<< 9月3日 9月1日 >>