7月23日

ガエル熱におかされているのは、実は同居人だったりもする。

その病原体はラテンが発生地なだけに、感染すれば一気に上昇するらしい。
彼の情熱的な立ち振る舞い、
たぶん日本とは真逆の表現方法と役者魂、
そして「素じゃないか?」と思わせる無邪気な笑顔に
同居人はここ数日、心奪われっぱなしのもよう。

そんな同居人の粋な計らい(または強制的)により
マーボー氏はガエルくんの出世作
『モーターサイクルダイヤリーズ』も見ることができた。

革命家になる以前の若き日のゲバラと友人が行った南米大陸縦断の旅。
実際に辿った道のりを忠実に再現したというこのロードムービーを見て
マー氏の感想は以下。

「改めて、自分は南米のこと全然知らないんだなあって、
 それと南米ってこんなに大きいんだなあって思ったね。
 “ゲバラの若い時”っていうのが引きになっているし、
 その人物描写もよくできてたと思うけど、
 この映画の見所は“南米大陸”というものの多様さじゃないかな。
 画の美しさに旅へと誘われた観客も少なくはないと思うね。
 あとロードームービーって『イージーライダー』ぐらいしか見てなかったから
 新しいジャンルが開拓できたのもよかったな、うん。
 いやあ、いいもの見たよ」

きっかけはガエルくんだったものの、
結果、ステキな映画に巡り合えたとのこと。

自分の部屋に帰る時にはこんな捨てゼリフを残した。

「俺も解放軍になりたい!」

出た出た! まさかの“過激派”発言!

かつて日活や東宝映画が全盛の頃、
任侠映画を見た若者が肩で風を切りながら街を闊歩していたと聞く。

その時代にマー氏が青年だったら、まさにそういう人だったんだろうなあ。
[PR]
by trasac | 2005-07-26 16:14


<< 7月30日 7月20日 >>