10月25日

現職へ就いて一年も経たないうちに
早くも新人さんへの指導をするようなったマーボー氏。

今日は施設内のエレベーターの使い方を教えた。
それは人が乗る“かご”ではなく、
施設員が荷物の運搬に使用する“かご”。

いつも通りに取り扱っていたつもりだったが、
どうやら荷物をたくさん積み過ぎたようで、
扉が開かなくなってしまったという。

以下、先輩介護士とマー氏のやりとり。

マ「すいませーん、なんか壊れちゃったみたいなんですけどー」
先「『壊れちゃった』んじゃなくて『壊した』んでしょ」
マ「……」

マー氏にしてみれば、荷物の積み過ぎだけが原因ではなく、
別要因もあったのではと考えた末の言葉だったが、
先輩には単なる“いいわけ”にしか聞こえなかったらしい。

それにしても上記の会話は、まるで子供とお母さん。
こういう場面でも少年の心を忘れないマー氏なのだった。
ちょっと使い道違うけど。
[PR]
by trasac | 2005-10-30 12:31


<< 11月8日 10月18日 >>