11月29日

4年前の今日、
ビートルズのメンバーであった
ジョージ・ハリスンが亡くなった。

中学の時ビートルズと出会い、
音楽の素晴らしさを知ったマーボー氏は、
彼らについて掘り下げれば掘り下げるほど、
ジョージに傾倒していったという。

バンド内では、一番年下だったがゆえに
わがままな先輩たちに振り回されていたジョージ。

解散して、ようやく自由になったかと思いきや
親友に奥さんをとられてしまったジョージ。

ジョンにはカリスマ性が。
ポールにはメロディセンスが。
リンゴにはユーモアセンスが。

ジョージの場合、
上記のように突出したタレントを挙げにくい。
だが、いや、だからこそ
一番人間味が溢れていたのは彼だったのかもしれない。


そんな彼の命日にカレーを食べて冥福を祈ろうと企てた。
以下は、その招待メール。

「あぁ思い出す ハリスンの訃報。

 毎年ハリスン命日は神聖な気持でアルバムを聴く。
 今年のフェイバリットは『慈愛の輝き』かな。

 2001年の11月30日。
 午後5時30分頃にグルーブラインで訃報が流れた。
 悲しかった。

 2002年は祭壇を作った。

 2003年は英国で祈った。

 2004年はふと考えた。
 
 そして……。

 2005年はインド好きなジョージを偲びカレーを食べる。

 皆さんも一年に一回くらいはジョージ・ハリスンを感じてください。
 きっと優しい気持になれますょ。(←発音が難しい)

 本日はマーボーカレーを開催します。
 午後六時半より○×ライオンズにて。
 お待ちしてます。CALL ME」


「ジョージを感じる」ってくだりに胸が熱くなった。
 ちぇっ、いいこと言いやがるぜ、マーボー!
[PR]
by trasac | 2005-11-29 19:05


<< 12月3日 11月24日 >>