1月2日

2006年最初の仕事は“泊まり”だった。
ゆえに翌2日はお昼前に体が空いたため
皇居まで「新年一般参賀」を観に行ってきたという。

現地に到着すると、すでに黒山の人集りが完成していた。

予定時間になり、やんごとなき人たちが姿を現すと、
「バンザ−イ! バンザ−イ!」と叫ぶ
皇室ファン=国を愛する人たち。

また“国の象徴”を一目見たいと集まった人たちは
叫びはしないまでも、
日の丸国旗を振りながら登場を喜ぶ。

それらはテレビでしか見たことのない光景。
そのすべてを目の当たりにした。

おもしろ半分で行ったはずが

「いやあ、神聖な気持ちになったよ。
 彼らに万歳三唱を浴びせかける人たちの気持ちが
 ちょっとわかるなあ。
 これからは皇居方面に足向けて寝られないよ」

との感想を語るマー氏。

それって“朱に交われば”なんとかってやつか?
対象が対象だけにハマって度が過ぎなければいいけどな。 
[PR]
by trasac | 2006-01-05 00:05


<< 1月10日 12月24日 >>