2月3日

最近、隣の部屋からエルビス・プレスリーが流れてくる頻度が高い。
どうやらマー氏のなかでエルビスブームがきているらしい。

エルビス・プレスリー。
若い頃は多数の映画に出演し、
晩年はエンターテイナーとして活躍。
そして、42歳、謎の死を遂げる。
(一般的な死因説はドーナツの過剰摂取)

では、なぜ今プレスリーなのか。

きっかけは最近多発している地震に起因するという。
本棚に積み上げられた書籍の山から
降ってきたるは一冊の本。

それが『ガッツ・エルビス』(ホーチキ出版)だった。

※まめ知識:ホーチキ出版の「ホーチキ」は、
      会社のメイン商品、火災報知器(ホーチキ)に由来するという。
      エルビス本は、火災報知器の会社からも出されていたのだ。

プレスリー映画を多数紹介しているこの本によって
ビデオ生活に突入していったことは言うまでもない。

以下、エルビスへの思いを綴った日記を一席。

「エルヴィスについてもっと知りたい。
 これほどまでにも一人のアーティスト、
 音楽家に情熱を持って知ろうと思ったことは
 今までに一度だってなかった。

 ビートルズも、ビーチボーイズも、
 ストーンズ、キンクス、フィル・スペクターにしたって
 これほどまでに情熱をかけて知り得たわけではなかった。

 ある日突然、同じクラスにいる女の子を
 大好きになってしまったかのごとく
 エルヴィスに恋をしてしまった。

 嗚呼、走り書きの手が震えている!

 機は熟した。
 僕が求めていた音楽家は唯一人、エルヴィスであった。

 エルヴィスを知るためにはアメリカ、聖書は必須課目である」

というわけで、マー氏による
エルヴィス、およびアメリカ研究の始まり始まり〜。
[PR]
by trasac | 2006-02-06 09:10


<< 2月11日 1月25日 >>