3月3日

エルビスらとロカビリーの黄金時代を築いたミュージシャン、
ジョニー・キャッシュの自伝的映画
『ウォーク・ザ・ライン』を観に行く。

現代の坂崎幸之助よろしく、
常にギターを肌身離さず携えていたという
ジョニーにあやかってのことだろう。
上映館によっては、
「ギターを持ってきた方は1000円!」キャンペーンを
行っているところもあった。

それを知って「これは!」と膝を叩いたマーボー氏。

ローンで買ったはいいが、片手で収まってしまう回数しか弾いてないギター
(ジョージ・ハリソンが弾いていたものと同じエピフォン)を持って
いざ行かん、映画館へ。

当初の予想では、ギターキッズ達がやんややんやと押し寄せて、
客席はちょっとしたオーディション会場と化しているかと思いきや、
ギターを持ってきた人はマーボー氏オンリーだったという。

こんなところで人生の“オンリーワン”を叶えてしまったからに、
ふう、先が思いやられるぜ。
[PR]
by trasac | 2006-03-06 21:55


<< 3月10日 2月23日 >>