3月10日

マー氏から続々と届く「映画メモ」メール。

「メモ」というだけあって、
単語だけだったり、彼の口語同様、
文法めちゃくちゃな一文や
尻切れトンボなフレーズがわんさか。

それらをどうにか紡いで、今回は3本の映画を紹介。


『悪魔のいけにえ』(74/米)----------------------

  最近僕が注目しているpoorwhiteモノ。
  poorwhite——いうなれば、
  黒人以下の生活を強いられている田舎の白人のこと。
  『サイコ』の題材にもなったエド・ゲイン
  (全米を震撼させた異常殺人者)が元になっているとか。
  90分にも満たないけど見所満載。
  怖くもあり、悲しくも面白い不思議な映画。
  明らかにロウバジェットだが、それがうまくいった奇跡の作品。
  すげえや。


『狼男アメリカン』(81/米)----------------------

  イントロの「ブルーmoon」から始まり。
  ベッドシーンの「moonダンス」
  (ヴァン・モリ最高! 最近新譜も出ましたね)。
  さらに「バッドmoonライジング」。

  いやはや、こらえきれずにメールを差し上げた次第です。
  この調子で「moon」な曲がたくさんかかることを期待するばかり。
  さすが音楽好きな監督(ジョン・ランディス)はいいね。
  興奮しまくりです。
  ストーリーも◎。
  「ベラ・ルゴシうんぬん——」のセリフにしびれました。
  ラストまで耳(目)が離せな〜い。


『レイダース 失われたアーク』(81/米)----------------------

  なにより大活劇。
  ナチが悪の組織ってのもステロタイプでいい。
  『電撃フリント』(66)と同じシーンあり。
  『ジーザスクライストスーパースター』(73)に出てきた
  ひんやり冷たそうな胸のカラータイマーもある。
  ラストは『コンスタンチン』(05)的な映像美。
  つくづく映画って昨日、今日、明日(現在、過去、未来)。



上記を見て気になるのは、チョイスの仕方。
その理由は次回!
[PR]
by trasac | 2006-03-14 22:22


<< 3月17日 3月3日 >>