3月17日

「一年の計は元旦にあり」というのに、
3ヵ月を過ぎた今ごろになって“今年やること宣言”を送ってきた。

 「休みを使ってビデオの整理をしました。
  150本ものビデオがありました。
  三分の一はセルビデオでした。
  (そのなかの数本はエロビデオでした)

  今年中に全体の三分の一を処分して100本にしたい。
  ほとんどが映画と音楽関係。
  よくまあ集めたものです。
  まだまだ未見作品が多いのは困りもの。
  買って満足するタチなのね。

  レコードにしろ本にしろ、
  今年の目標は買うより処分を多くやることです。

  一年間で50本のビデオ、
  400枚のレコード、
  100冊の本を処分したいと思います。

  どうなることやら」


今彼が一生懸命取り組んでいる作業、
それは自分のビデオコレクションの整理。

先に挙げた3作品は、その作業の一環。
もとい、それらの作品を“借りて”見たことで
「足場を固めなきゃ」と着手したわけ。

マー氏の嗅覚で集めたコレクションには何があるのか。

先日、例によってリビングに横になりながら
(最近は布団まで持ち込む始末→ちょっとした避難所状態)
観ていた作品、それは
オウム真理教のドキュメンタリー『A』(監督:森達也)。

うう〜ん、意外に社会派。

大学では「社会学」を選考していたという
硬派な一面もお知らせしておきます。
[PR]
by trasac | 2006-03-20 13:26


<< 3月24日 3月10日 >>