3月24日

 「なにから発想を得るかが大事」

これは同居人である筆者が借りてきた
『世界で一番パパが好き(監督:ケビン・スミス/米 04)』を見ての言葉。

 ニューヨークで働く主人公(ベン・アフレック)は、
 出産と同時に妻(J.LO)に先立たれてしまう。
 残された娘を育てながらも仕事を続けるが、うまいこといかない。
 ついには大失態をやらかしてしまう。
 それを契機に実家であるニュージャージーにて子育てを始める。
 7年後。かつての仕事に再び就こうと
 娘を連れてニューヨークへ戻ろうとするが
 娘はニュージャージーに残るという。
 自分の思いを貫くのか、娘の気持ちを尊重するのか。
 そんな選択を迫られた主人公が出した結論とは……。

 簡単にいうと、
 ひとりの男が“父親”として成長していく
 過程を描いているお話。


ベン・アフレックが主演の映画なんぞは
今までのマー氏なら興味を示さなかった。
しかーし、新生・マー氏は“映画”という名が付けば
とりあえず口にしてみる体質に変わったようだ。


 「観ました『世界で一番パパが好き』。
  まるで『アバウト・ア・ボーイ
  (主演:ヒュー・グラント/米 02)』ですね、話の構造が。

  ラストの学芸会のくだりなんてまんまです。
  感動を引き起こすプロットは使い回される。
  最近は子供が出てくる映画が多い気がする。
  偶然か、それとも流行りなのか。

  昔から似たような話が当たると次から次へと
  量産されるシステムがあるね。
  歴史は繰り返す。

  原題『ジャージー・ガール』は
  ボス(ブルース・スプリングスティーン)が
  歌うトム・ウェイツの曲。

  ♪ジャージー側では全てうまくいく〜

  まさに、曲から発想した映画だ」


映画を見るとき、
使用されている音楽にものすごく耳がいくらしい。
なぜそれがチョイスされたのか、
どうしてそこで使われているのか。

そういった構造には無頓着な筆者なので、
上記のコメントを読んだときは、
目からポロリとうろこ状態+「すげぇ」と感嘆=
今までそんなこと一度も考えたことがなかったので、
どんより自己嫌悪。


それにつけても冒頭の言葉、非常に同感です。
[PR]
by trasac | 2006-03-29 22:21


<< 3月31日 3月17日 >>