8月8日

周知の通り、地図を片手に都内各所を散策するのが大好きなマー氏。

この夏は地図を「東京都」版より「関東甲信越」版に変えて
“むりやり日帰りの旅
  〜あるいは、三十路だけど青春18きっぷの旅”を
企画&実行すると宣言してきた。

記念すべき第一弾は、西か、東か。
はたまた、南か、北か。

進路はいかに?


《南房総〜『ねじ式』※の旅》

※「ねじ式」:伝説のサブカルマンガ誌『ガロ』で活躍した、つげ義春氏のマンガ。
 内容は、マー氏にして「土着的でシュールな現代の寓話」とのこと。
 その独特の世界観に魅了された人々は、竹中直人や佐野史郎などからマーボー氏まで、
 有名無名を問わず多数。


「朝5時に荻窪を出発。
 総武線に乗車し、揺られること3時間半。
 千葉県の大原駅で下車。
 今日は、つげ義春の作品ヒントを辿ります。

 八幡岬なる場所に行こうとするものの、途中で迷う。
 土地の人に聞いて無事到着。
 何事も案内人が必要だ。
 自分の勘を頼りにと思ったが、初めての土地では難しい。

 次に太海という『ねじ式』のモデルの町で下車する。
 朝から何も食べてないので、隣の駅で買った駅弁を駅のベンチで食う。
 駅員が親切だった。

 次の電車まで一時間散策。
 あっけなく『ねじ式』に登場する路地を発見。
 メシを食ったから勘が冴えたのか。
 いやいや、付け加えるなら余裕を持って散策したからだ。
 大原では道に迷ったり、駅まで走ったりと余裕がなかったのだ!
 ここからは、のんびりいきましょう。

 さてさて、今後の予定は浜金谷まで行き、フェリーで久里浜まで行く予定。
 到着後は、そのまま鎌倉寄るも良し、横浜寄るも良し」

ーー数時間後。

「ただいま、東京湾を航海中!
 600円とは安い。
 35分の旅です。
 風が気持良い!

 なんだか富士山を見たくなった。
 そう、金谷から微かに大富士の勇姿見えたので」
a0043360_1553419.jpg

《本日の道程》

都内
↓(総武線)
大原   ※八幡岬
↓(外房線)
大海   ※『ねじ式』の路地
↓(外房線)
浜金谷
↓(フェリー) ※富士を見る
久里浜
↓(横浜線)
都内

夏は「カレーもいいけど、ぶらり旅もね」ってことで
クソ暑いなか、汗だるまマーボーの旅はまだまだ続きます!
[PR]
by trasac | 2006-08-08 12:40


<< 8月15日 4月28日 >>