<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

6月28日

ヘルパー講座のレポートを書こうとベローチェに入ったマーボー氏。
そこで耳にしたドラマとは……!?

<番外編 『マーボーが観察日記』!>

隣の親子の会話。
ママは元大学教授?
息子は現大学教授、オア先生?

話は「最近の若いモンは言葉を知らぬ(例「頭を垂れる」)」から
「大学行っても本を読まぬ」から云々。

そして話題は政治に。

「石原都知事は口だけ」、
「せいぜいカラスが減っただけ」から始まり、
「ヨーロッパだったらあんなの引きずり下ろされる」、
「小泉総理の支持者はごく一部でしょ」、
「小泉は馬鹿だ」、
「昔の吉田総理の論戦は面白い! 今は駄目」などなど。

トットちゃん風の70歳くらいのママと
ヒトリモンらしい40過ぎのボクとの会話はとってもエキサイティング!

今の仕事で100人近くの人たちと関わったおかげで
人間を知ろうとする努力が芽生えだした。

う〜ん、次の休みは日がな人間観察に費やそうかしら。

(記:マーボー)
[PR]
by trasac | 2005-06-30 16:09

6月25日

意外に生傷が絶えないのが介護職の特徴。

以前のデイサービスのときには“つねる”利用者さんがいて、
マーボー氏の腕まわりにはキスマークよろしく
薄い紫色の“あざ”が点々と付いていたのを覚えている。

今回は、引っかかれて右手を負傷してきた。
血こそ出ていなかったものの、
皮はペロンと剥け、端から見るとかなり痛そう。

その時の状況を同居人に解説するマーボー氏。

マ「──ってね、部屋から出てきちゃったから
  『ああ、ダメですよ!』ってその利用者さんを
  中に戻そうと腕を掴んだら『ニャー!』って具合に
  “ひっかじけられて”さあ」
同「“ひっかじけられて”?」
マ「うん」
同「それ、どこの言葉?」
マ「ぐんま」
同「で?」
マ「で、しばらくしてその部屋の様子を見にいったら
  その利用者さんがいたから『ここ見てくださよー』ってキズを見せたの。
  したら『あら、どうしたの? 大丈夫?』ってさあ、
 “ひっかじった”ことをケロッと忘れてちゃってるんだよ」
同「“ひっかじった”……」
マ「そんな気になる? 
  自動詞【ひっかじく】、使役【ひっかじけられた】
  訴えは【ひっかじくなよ〜】。
  つまり【ひっかく】がなまったんだな」

同居人には生傷よりも、
“ひっかじく”という言葉のほうが興味深かったらしい。
[PR]
by trasac | 2005-06-28 16:05

6月23日

今月誕生日を迎える利用者さんのために
バースデーカードを作ることになったマーボー氏。

渡すのは数日後であるのに
「少しでもステキなものを贈りたい!」と
素材を家に持ち帰って下準備をしていた。

「6月生まれだから折り紙で紫陽花作ってみたんだー。
 顔写真入りにするんだけど、ただ写真を貼り付けるんじゃあ
 つまんないから縁取りもしようと思って。
 88歳、つまり米寿のお祝いなんだよ。
 だから添える言葉は『ハッピーバースデー──』……
 うーん、年齢的に英語って雰囲気じゃあないなあ。
 したら『八十八歳のおた──』……
 横書きにしようと思ってるから漢数字だと読みにくいか。ふむ。
 では『88歳のおた──』……
 せっかくだから“米寿”って入れたほうがインパクトあるよなあ。
 じゃあ『米寿のおよろこびを申し上げます──』って……」

普段使わない思考回路をフル回転させていたため
ボリボリと頭をかきながら作業すること2時間弱。

同居人に話しているのか、独りごちだったかは判別しかねるが、
マー氏の利用者さんに対する愛情は確かなものに違いない。
[PR]
by trasac | 2005-06-24 16:04

6月20日

`?講座のレポートで、見事100点をゲット!
これまで3回のレポートを提出してきたが、
いずれも満点にはわずかに及ばなかったため、
今回は嬉しさも満点!

仕事帰りに図書館に寄って勉強するほか、
最近のお気に入りスポットは駅前のロイヤルホスト。

ドリンクバーでねばりにねばって
深夜の帰宅も少なくない。

そのロイヤルホストにて、
ある日、以下のようなドラマが。

〈シチュエーション〉
中年男性は天丼をオーダー&食べ終わる。
そして、器を下げに来た店員に向かって

中年「水っぽかったよ」
店員「え?」
中年「解凍が甘いんだよ」
店員「あ、はあ……」

上記のような「こんな人がいたよ! おもしろいね!」という話は
ほぼ毎回聞くので、勉強より人間観察に多大なる時間を
費やしている気がしてならないのだが、成績優秀なふうを見ると、
マーボー氏にとって介護の仕事はやっぱり天職だったのかもしれない。
[PR]
by trasac | 2005-06-21 16:04

6月17日

ダメ出しの日。

おとといのこの日記を読んだマーボー氏から以下のダメ出しが。

「思春期のくだり、あれは誤解を招く表現だね。
 『成し遂げる』っていうのが大仰だし、第一ムリな話。

 そうだなあ、改めて言うなら、集中して何かをやってみるっていうか、
 それを通して自分がどうなのかと考えてみるっていうか。

 たくさんの時間をかけてその物事を好きになる、模倣してみる……
 うーん、違う違う! や、あってるあってる! ん? どっちだ!?

 “何をするか”っていうことよりも、何事にも敏感になっておく
 アンテナをピンと張っておく、吸収力をアップしておく“状態”のことを
 思春期って呼ぶのかなあ………………
 あー、考えすぎて頭がかゆくなってきた。
 もう寝るよ、明日は夜勤だから。

 とにかく、オモシロおかしく書くのはいいけど、
 もう少し表現のスキルアップをたのむよ。

 あっ、これ30分で読めるから。
 ショウペンハウエル『読書論』と新潮45」


…………はい、かしこまりました。
[PR]
by trasac | 2005-06-19 16:02

6月15日

3大ギタリストで憤る日。

すでにご存じの方もいると思うが、
マーボー氏は1人暮らしではない。同居人がいる。
その同居人が今年「思春期やりなおし」を計っているそうだ。

要は、仕事が少ないことをいいことに
今まで着手しようと思いながら着手してこなかった
文学や映画、音楽などの古典(=基礎)を
この機会にたたき込んでおきたいということらしい。

同居人のその気持ちを汲んで、
万年思春期をこじらしているマーボー氏は急遽
「思春期やりなおし塾」を開校。
そして折に触れ
「この本なら30分で読めるから読んでみなよ」
「まずはベスト盤から聴いてみなよ」と促してきた。

ところが、その門下生は最近“英会話”に興じていて
本や音楽をまったく読み聴きしていなかったうえに
「英会話スクールをもう少し延長したい」などと
相談してきたというのだから、塾長の怒りは爆発した。

「いいかい。君は今“思春期”をやり直しているんだろ?
 英会話? もちろん、いいよ、学ぶことは結構だ。
 でも3ヵ月って期間を決めて始めたんだろ?
 したら、自分がどのくらいの力がついたのかとか
 自分の立ち位置を知っておくのが先決じゃない?
 思春期っていうのは、ある一定の期間で何かを成し遂げることだと思うんだ。
 だから最初に決めた期間で一旦答えを出してみなよ。
 延長はその後でもいいんじゃない?

 それはそうと!

 読書はどうなってるの? 音楽は聴いてるの?
 さっきも『ロック界の3大ギタリストって誰だっけ?』ってさあ、
 その質問に僕は何百回と答えてるの知ってる?
 クラプトン、ジミーペイジまではいいよ。
 もう1人がジミヘン? なぜジェフベックが出てこない!
 すぐ聞けばいいと思ってて、全っ然覚える気がないからだよ!」

その門下生(同居人)は塾長の言葉を受けて
英会話については一旦の答えを出すことに決めたそう。
さすがマーボー氏、こじらせているだけあって言うことが違う。

にしても、後半のくだりはスゴい。
同居人も3大ギタリストのかどで怒られるとは
夢にも思わなかっただろうなあ。
[PR]
by trasac | 2005-06-16 15:58

6月13日

検便、再検査の日。

施設では毎年4月に健康診断を行っているのだが
マーボー氏はそれ以後から勤め始めたため
「どっかで検査を受けてこい。そして結果を出せ」と言われたらしい。
なのでマー氏は区民健診を受けてその結果を提出した。
すると、検便に異常が……! 
といっても、別に“生産物”から異物が見つかったわけではない。
区民健診の検査は内容がライトだったため
もうちょっと詳しい検査結果が必要とのこと
「再生産よろしく」というわけ。

マー氏は、区民健診時も今回も生産物のウン搬を同居人に託した。
その時のお礼の言葉が以下。

「ウン搬ありがとう。
 ウンコを運ぶと運がつくから縁起がいいよ。
 僕も今日はウンコまみれになったです。ウンコで運つき」


“みつを”ばりのポジティブシンキングです。
[PR]
by trasac | 2005-06-14 15:55

6月10日

初めて遅刻をしてしまった日。
理由は、朝一番でケンカを売りにきた人がいて
断り切れずに買ってしまったからだとか。
なぜにケンカを売られたか。
それはマーボー氏が仕事を言い訳に
帰宅後は自分の世界(すなわち音楽)に引きこもり、
生活の雑事をかまけていたことによるらしい。
4月の引っ越し以降、部屋の中には
開封されていないダンボールが6〜7箱山積みになっている。
それらを見ないふりして早2ヵ月。
氏曰く「ハード<ソフトという状況で
片づけたくても片づけられないんだよー。
休みも少ないから、ハードを買う時間もなーい」だって。
そのくせソフトは着々と増え続けている(6月7日参照)。
しかしながら今回のバトルは相当効いたようで、
次のような声明文を掲げてきた。

「なにより生活をきちんと建て直すことを第一に考えて行動して
 日々の生活を大事に、一日一日を懸命に生きる。
 まずは身辺の整理。やることをやってからですね。
 やることとは部屋の掃除、洗い物、その他日常の基本的な業務。
 怠惰がこうじて禍なるかな」

当たり前のことが出来ない人間を「怠惰な人」とみるか、
「アーティスト」とみるか、それが問題だ。
[PR]
by trasac | 2005-06-11 15:51

6月8日

ヘルパー講習会にて「オムツ交換」を受講。
そのモデル(実際にオムツをあて、横たわる役)に
マーボー氏が大抜擢されたというのだから、
先生もなかなか見る目がある。
生徒は20名ぐらい。
ほとんどが女性で男性はマーボー氏とH林くんの二人。
やはり女性にそのようなモデルは頼みづらいゆえ、
男二人のどちらかにということだったのだろう。
にしても、みごとマーボー氏が選ばれた理由は、
日頃から鍛錬している「演技力」がものをいったのではと推測する。
利用者さんの口まね、口癖、拒否の仕方など、
その日施設で起こったことを「きょうの出来事」と称して、
イッセー尾形ばりの演技で披露してくれるのだ。
一度見てみたい方は、ご一報ください。
出張公演も承ってます。
[PR]
by trasac | 2005-06-10 15:48

6月7日

夜勤明けの身でありながら、ショッピングとしゃれ込んだマーボー氏。
三鷹に住むY田さんと一緒に、三鷹「パレード」、
吉祥寺「ココナツレコード」、「ディスクユニオン」などの
中古レコ屋を巡ったらしい。
以前より気になっていた「ココナツレコード」にようやっと行けた喜びと
寝ていないハイ状態につき、三軒目の「ディスクユニオン」では、
かなりイッてる目付で食い入るように物色していたとかいないとか。
帰宅後すぐに眠るかと思いきや、
深夜0時まで今日買ったレコードの“ひとり鑑賞会”が行われていた。
30時間以上も起きてしまうとむしろ眠れなくなるのか?
明日はヘルパー講習会だぞ、マー氏!
[PR]
by trasac | 2005-06-08 15:46