<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月24日

聖なる夜に初体験。

この日、マーボー氏は泊まりの勤務だった。
いつものように食事の介助をしていると
同僚より、ある男性利用者の様子がおかしいと耳打ちされる。

ごはんは食べない、見るからにダルそう。
熱を計ると、体温計は39度を指していた。
施設では、大事に至っては困るので
症状はどうあれ、体温が39度以上ある場合は
救急車を呼ぶということになっている。

——というわけで、救急車が到着した。

利用者さんは担架で車内に運ばれ、
付添い人にはマーボー氏が行くことになった。
生まれて初めての乗車である。

すぐに出発するかと思いきや、搬送先が遅々として決まらない。
8件目の病院がようやく受け入れてくれることになった。

「救急車通ります、救急車、救急車通りまーす」

隊員がマイクで発する。
行き先は10キロ弱先の救急病院。
通常走行なら4、50分ぐらいかかるところを
20分で到着してしまったというからサイレンの威力はスゴイ。

走行中の車がみるみるうちに右に左にと寄せては止まる。
その光景を

「まるで、モーゼの十戒だった」

と形容。なかなかできない体験ゆえに、
利用者さんの様態そっちのけで興奮したという。

イルミネーションにつつまれる街を信号無視で突っ走る。
それはサンタクロースからの粋なプレゼントだったのかもしれない。
運ばれた利用者さんは苦しかっただろうけど……。
[PR]
by trasac | 2005-12-26 15:58

12月19日

今年の夏頃、立て続けに音楽家の自伝的映画が
公開されたのを覚えているだろうか?

コール・ポーターの『五線譜のラブレター』、
ボビー・ダーリンの『ビヨンドtheシー』、
そして、我が国が誇る元祖ソウルディーバ、
ゴッド姉ちゃんとも親交が深かったレイ・チャールズの『Ray』。

ぞれぞれに気にはしていたものの
「DVDになってからでいいや」と待つこと数カ月。
『ビヨンドtheシー』と『Ray』の二本をレンタルしてきて見た。

公開当時から一番気になっていたのは『ビヨンドtheシー』で、
『Ray』は「まあ、見ておくか」的なスタンス。
要は、レイ・チャールズにはあまり関心がないらしいのだ。

ところが観賞後、以下のメールが送られてきた。

「『Ray』を観て感じたこと

 《土曜の夜の罪深い人々と
   日曜の朝の教会参列者(たいていの場合、同じ人間だった)の
    現実を歌い込んだ》
                〜作家、ネルソン・ジョージの言葉〜

 まさにレイ・チャールズはそんな歌手だった。

 僕がレイに余り興味を抱かなかった理由は、
 ABC時代以降の甘さにある。

 アトランティック時代のほとばしる情熱は好きだが、それ以降はどうも……。

 今回映画を観て、ジャンキー&女好きなレイ像を知って、親近感が湧いた。
 彼もやはり人間だった。

 大きな闇があるからこそ、大きく輝ける。
 まるで夜空の星のように。
 星(スター)は深い暗闇(盲目)があって輝ける」


あら? あれだけ期待していた『ビヨンドtheシー』は?

「なんかね、想像していたのとは違った」

『ブルースウェバー展』の時(10月18日参照)といい、
『ライヴ8』の試写会時(11月8日参照)といい、
期待してないところから何かを受けとってくるパターンが多いなあ。

まあ、ゼロじゃないぶん、それもまたよしか。
[PR]
by trasac | 2005-12-21 16:42

12月6日

2005年のマーボー氏は
どれくらいレコードやCDを買ったのだろう?
そして一番よかったものは?

ふっと頭に浮かんだ疑問をメールにて送信。
すると以下様のお返事いただきやした。

「『りんごの子守唄』

 僕が選ぶ今年の新譜最高傑作。良いです。
 帯には『10人の歌姫によるビートルズ・ララバイカバーアルバム』とあります。
 2005年11/2発売。

  プロデュースは鈴木惣一朗。
 最近お気に入りの人、モンドの仕掛人です。

 ジョンのシュールな歌詞より、
 ポールの素直な歌詞の方が三十歳を越すとグッときますね。
 したり顔でジョンを語るより笑顔でポールを聴く方が良い。

 《——ハニーパイ 君は僕を狂わせる(CRAZY)
  僕は恋をしてる だけど無精者(LAZY)だから
  僕のところに帰って欲しい——》

 “CRAZY”と“LAZY”の韻踏みが良い。
  やはり名曲ですね“ハニーパイ”」

ひとつのアーティストをとってしても
世代によって心に引っ掛かる曲が異なってくる、
捉え方が変わってくるということを暗に示すマーボー氏。

それは作品が普遍的でも“聴き手”という受け皿が流動的だから。
つまり、人間は日々成長してるっていうこと、ですな。

今年、みなさんはいい音楽に巡り合えましたか?
[PR]
by trasac | 2005-12-08 15:43

12月3日

【PM9:24】> Subject: きょうの足跡

中からピーヒャラやってる音に誘われて「旧古河庭園(4)」に入ってしまった。
ここ、駒込あたりは古臭い街並みがよい。

そのまま北上して平塚神社を抜けて上中里駅へ。
駅前に侘びしい不動を発見。
好きなんだナァ、僕は、人が見向きもしないものが。

上中里から田端へ向かい、「田端文士村記念館(5)」に立ち寄る。
戦前はモンパルナスみたいだったのかな。

国立博物館に『北斎展』に行くも70分待ち。
諦めて科博(国立科学博物館(6))に行く。
一時間半じゃ回りきれぬボリューム。

最後は「ブリヂストン美術館(7)」で名画に酔う。
頭がクラクラしたまま銀座の街を歩く——。


----------------------------------------------
<総括>

※本日使った「ぐるっとパス」=4枚
[PR]
by trasac | 2005-12-04 11:49