<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月28日

旅の楽しさを知ったマーボー氏は、
地図に加えて、時刻表まで愛読書となった。
さしずめ“にわか鉄っちゃん”状態。
(“にわか”なのは、カメラが使い捨てだから)

次はいつ、どこへ行こうか常に考えるなか、ちょっとブレイク。
キャメロン映画を2本見た。
『インハーシューズ』(主演/キャメロン・ディアス)
『エリザベスタウン』(監督/キャメロン・クロウ)
(※ジェームズ・キャメロンは今回なし)

その感想が今回!

 「家にあったから、映画『イン・ハー・シューズ』を見始める(←俵万智っぽい出だし)。
  “靴”というものは、アメリカ人にとってはとってもシンボリックなものなのかも知れない。
  かつてキング(エルヴィス)は
   『俺の青いスエード靴を踏んだら承知しないぜ!』と歌い、
  さらに『僕の靴をはいて一マイル歩いてみて。
           人を傷付けたり批判したり責め立てたりする前に』と歌った。
  どうやら“靴”は『その人自身』という意味があるらしい。

  そんなことをカレーを食べながら思った」

ーーーーーーーーーーー

 「『〜のように仲良く』
  『離婚したけどね』
  『でも、仲良いわ』 /『イン・ハー・シューズ』の会話より

  そんなわけで、ソニー&シェールのヒット曲『I got you Babe』を
  レゲ・アレンジでもってくるところは偉い!
  もちろん、『イヤな野郎の小屋』が
  ジャマイカン・レストランといふところからの発想だろうけど。

  80、90年代には出演の少なく感じたシャーリー・マクレーンが出てて嬉しかった。
  (シャーリーと僕とは同じ誕生日なんで、親近感あるし)
  ここ近年、50、60年代に活躍した女優が映画に出るのは良いね。
  一時期映画界から離れていた人ほど出てる気がする。
  次はバーブラかな」

ーーーーーーーーーーー

 「『エリザベスタウン』、これまた“靴”にまつわる映画。
  靴会社の社員(オーリー)が会社に大損失を与え、クビになる話。

  後半、音楽の嵐(荒し)映画となる。
  『ムーンリバー』で踊る妻。この曲は映画によく使われるね。
  バンドが“フリー・バード”(レーナード・スキナード)をやる。
  火の鳥が会場を混乱に陥れるのも、ロック好きの性が出たんだと思う
  (カオスがロックの基本ですものね、キャメロンさん)。
  僕も9分間レコードに合わせ踊り狂いました(←こえー)。
  お陰でたくさんの汗をかいた。
   スモールタウンへのハートブレイク・ジャーニーってか。
  素直な感想。良い映画でした。
  あ、でも『ナゲッツ』からの曲を使うなんてのはズルイ!!

  ちなみに、『灰をまく』といふ行為も
  ロックファンなら、偉大なるカントリー野郎・グラムパーソンズのことが思い出されますね。
  メンフィスのサンレコードも立ち寄る。
  もちろん、いわずもがなな見せ方がますますスケベだ、キャメロンさん! 
  主人公がキング(エルヴィス)のグラサンをかけて運転してるのもズルイ!
  ロック好きならたまらないロードムービーやな。
  僕もアメリカを走りたいな!」

ーーーーーーーーーーー

 「僕の考える『エリザベスタウン』のコピー

   『女に振り回される男の話』
   『挫折と幸せは隣合わせ』
   『大失敗から大成功へ』
   『男の妄想、夢落ちかも…』
   『夢を持とう、きっと叶うさ』
   『虚構の街〜エリザベスタウン』
   『南部への誘い』                          以上。

  キャメロン・苦労監督——なぜか僕は好きになれない。
  たぶん視点が僕と似てるからかしら。
  ロックを客観的に論じ、衝動よりも学問的に描くところが。
  ロックにロマンを感じているところも近い。

  スコセッシやベンダースはとても好き。
  ロックとの接し方がとてもスマートだから。
  余裕を持って描いてるからね。
  僕もこうありたい」


キャメロン・クロウに近親憎悪を感じるマーボー氏って、やっぱりスゴいと思う。
[PR]
by trasac | 2006-09-30 17:38

9月20日

2日目の午後——。

「晴れ、晴れ、晴れ。長野は曇りやったけど。
 只今、磐越西線に乗車中。
 会津若松には19:00到着予定。約3時間の乗車となります。

 高校生の下校時間と重なりまして、車内は若さ溢れております。
 4人くらいの女の子グループ。
 どこにも元気なリーダー的な娘がいるね。
 彼女を中心としたおしゃべり。にしても女性は元気だね。
 男連中はボソボソ話していることが多いな。

 5時過ぎに新潟県から福島県に入ります」

三十路おっさん一人旅につき、
キャッキャしている若いコが眩しくってしょうがなかったんだろうに。

そしてこの後、一夏のアバンチュール的な
マーボー氏にしては大胆な展開が!

「磐越西線の車内にて、
 同じく『青春18キップ』旅の人と知り合い(女子)、
 喜多方でラーメンを食べてきた。
 そんなわけで予定より2時間遅れで会津若松に到着します。
 会津若松に着いたら連絡します」

かつて、ロンドンでは2人組の女子と仲良くなって帰ってきたこともあり、
旅先でのマー氏は大胆になるのだろうか。
それとも、あまりにもおどおどビクビク状態で歩いているから、
気の毒に思った女子たちが近づいてきてくれるのだろうか。
いずれにしても、旅の醍醐味“人とのふれあい”ができている。
やるなあ、おいこら。

そして2日目の夜を経て、3日目、最終日。

 「今朝は、7:30起床、8:15にチェックアウトしました。
  まもなく(もうすぐ)鶴ヶ城に着きます」

会津若松に到着してからというもの、グループ魂の曲“東北の魂”が
頭のなかをグルングルンしていたらしい。
♪そーれーそれそれ東北だぁ、会津若松、喜多方ラーメン〜 という部分のみが。

そして無事到着、鶴ヶ城。

a0043360_16543688.jpg


が、

 「城を出て、只今バスに乗った。
  また朝飯忘れてる。
  うまく食べることができない、旅が不馴れな僕……」

この後、しっかり食事ができたのか否かはわからないが、
お昼過ぎに以下のメールが。

 「会津若松満喫しました。
  これから帰ります。
  土産屋のおばちゃんが気さくだったので、たくさん買ってしまった」

そして、夕方上野へ到着。無事、初めての一人旅は終了です。

 「いやあ、夢のような3日間でした。
  初めて本格的に2泊しました。
  正直、行くまでは不安でした。しかし、
  予想に反して人との交流を楽しむことができたので安心でした。
  土産物屋のおばちゃんが気さくでよかった!」

2回もメールしてくるほどだから、そうとう「土産物屋のおばちゃん」がよかったんだろう。
この〜、年増キラーが! (2005/7/30のバックナンバー参照)
[PR]
by trasac | 2006-09-22 16:27

9月12日

2日目つづき〜
 当初の予定では、10時30分発直江津行きに乗るつもりだったが、
 善光寺散策が思いのほかサクサクいったため(5時45分に起床)、
 1時間前の電車で移動開始。

 直江津へ到着。海にて『あかねちゃん弁当』を食す。

a0043360_20182228.jpg


 日本海を見つめる人魚。
 彼女は曽我さん、蓮池さんらの拉致を見届けたのか?
 シンガンス(辛光洙。日本人拉致に関わった北朝鮮工作員)の愛人だったりして。


 小一時間ほど散策して、長岡行きの電車へ乗る。余力を残しつつ。

a0043360_20193646.jpg


 電車に寄り添って見えるのは日本海。
 日本海のイメェジは暗い、寒い、おっかないだけど…。
 こんなに明るくて爽やかな表情もあるのね。
 勝手な偏見だけで決めつけはいけないと感じた。
 結論:日本海も明るい。

 長岡駅へ到着。いやあ、とても大きな街だ。
 と、まずは煙草を呑む。
 ベンチで煙草を呑んでいると、スタバの店員が煙草を吸っていた。
 スタバの店員も吸うんだね、驚き!

 次に長岡城跡まで行く。
 駅から10分もかからぬため、のんびりしてたら
 『長岡空襲記念館』なる施設を発見。
 ロハ(「ただ」の意味)でもあったので、冷やかしに入る。
 すると、暇そうにしていた係員があれこれ説明してきた。
 とても嬉しいが、お尻があるので
 『すいません、そろそろ…』と言って駅へ駆け足。
 14時39分発新潟行に飛び乗る。いやいや、乗り遅れるところだった!

ーーーーもったいぶらせるわけではないが、2日目が半日過ぎたところで、次回!
[PR]
by trasac | 2006-09-15 19:43

9月5日

これまでの『“三十路”青春18きっぷの旅』は、
ほとんど日帰りコースでおさめてきた。

理由を尋ねると、
「休みが1日しかない」という社会的なものが3割、
「ひとりで宿泊したことがないから怖い」というチキン的なものが7割だという。
素直にそう吐露してしまうあたりにマー氏の人柄がうかがえる。

が、気付いたのだろう。機は熟した、と。

というわけで、今回は壮大なる2泊3日の旅物語〜。

《信州〜越中〜会津、トライアングルの旅》

1日目〜
 荻窪から始発電車に乗り、向かうは信州・長野。 
 本日のミッションは、JR線で一番高い場所にある駅と、不思議な名前の駅を見ること。
 中央線から中央本線に入り、小淵沢で小海線に乗り換え。
 列車はぐんぐんと登る登る。そして、標高1,345mにある野辺山駅に到着。
 ちょっと空気が薄いかも(単なる思い込み)。

 終点の小諸駅で、私鉄のしなの鉄道へ乗り換え。
 来ました、来ました、次なるミッションの場所↓

a0043360_12415711.jpg


 「テクノ」で「さかき」。どうしても電気グルーヴが頭をよぎってしまう。
 この名前の由来は、まだ調べていない。大好きなウィキペディアに載ってるかな。

 しなの鉄道の終点、篠ノ井駅で再びJRに乗り換え、長野へ到着。
 ネットで予約しておいたビジホにチェックイン。
 たぶんダブルベットというのか、とても大きい。一晩寝るには贅沢すぎる。

 明日は早く起きて善光寺に行こうと思うので、只今調査中。
 ホテルから2キロの位置にあるのはうれしい。

 ホテルは、なぜかアイスが食べ放題。なので、モナカをとりあえず…。

 さてさて、ビールでも飲んで寝ます。



2日目〜
 善子でーす。光子とともに森永乳業から善光寺へやってきました。
a0043360_1210337.jpg



 朝7時にホテルを出て、善光寺散策。
 名物の“暗闇体験”もしました。
 おびんずるさんも撫で、朝飯を食うのも忘れ、9時23分発直江津行きに飛び乗った!!


ーーーー飛び乗ってどうなった?! 続きは次回!
[PR]
by trasac | 2006-09-09 11:45

8月29日

都内散歩がすっかりライフワークと化してきたマー氏。
「目的なく歩く」のが目的、という文学的なことを宣っていたが、
最近はなにかに取り憑かれている様子……。

 「東京を歩く。
  今日は飯田橋から高田馬場までを予定。
  しかし、予定は破られるためにあるため、予定変更(はえーな)。
  市ケ谷で降りてみた。

  蝉しぐれのなか、外堀沿いを歩く、
  日仏会館を眺めながら神楽坂に向かう。
  僕の好きな新潮社を眺めながら(Yonda?の広告多数あり)
  神楽坂ベローチェにたどり着く。
  アイスコーヒーを飲み、そそくさと外へ出る。

  真っ直ぐ早稲田に向かおうとするも、『マッシュレコード』なる看板を発見。
  恐る恐る入店してみる。
  天井が高く解放感のある店内、珍しいレコード屋だ。
  店主に聞くと、元は高田馬場でやってたが、忙しいのも嫌なのでここに移ったとのこと。
  100円レコードを申し訳程度に買う。
  「もしもピアノが弾けたなら」「スター・ウォーズ」など。

  あんまり寄り道もしていられないので先に進む。
  早稲田駅に到着、早稲田大学に入って大隈銅像を拝む。

  早稲田通りから古本屋を冷やかしながら歩く。
  早稲田のベローチェに寄るも、全席禁煙のため不完全燃焼。
  5分で店を出て池袋へ向かう。

  明治通りを北上、途中、僕の贔屓にしている古本屋に寄り
  『東京の電車』なる写真集を150円で購入。

  池袋のベローチェで一服する——」


察しのいい人はもうお分かりでしょう。
そう「ベローチェ」巡りに躍起になっているのです。

なぜそこまで?

 「23区内に100店舗あるんだよね。
  100店舗なら全部行けそうじゃん?
  だから行く」

なんだか、「そこに山があるから」的なコメント。

この巡礼の旅、早くもあと3店(有明、板橋、池袋)を残すだけとなっているらしい。
ベローチェ巡礼の旅が終わったら、次は何に信仰を求めるだろう。
気になるところだ。
[PR]
by trasac | 2006-09-02 23:18