6月17日

ダメ出しの日。

おとといのこの日記を読んだマーボー氏から以下のダメ出しが。

「思春期のくだり、あれは誤解を招く表現だね。
 『成し遂げる』っていうのが大仰だし、第一ムリな話。

 そうだなあ、改めて言うなら、集中して何かをやってみるっていうか、
 それを通して自分がどうなのかと考えてみるっていうか。

 たくさんの時間をかけてその物事を好きになる、模倣してみる……
 うーん、違う違う! や、あってるあってる! ん? どっちだ!?

 “何をするか”っていうことよりも、何事にも敏感になっておく
 アンテナをピンと張っておく、吸収力をアップしておく“状態”のことを
 思春期って呼ぶのかなあ………………
 あー、考えすぎて頭がかゆくなってきた。
 もう寝るよ、明日は夜勤だから。

 とにかく、オモシロおかしく書くのはいいけど、
 もう少し表現のスキルアップをたのむよ。

 あっ、これ30分で読めるから。
 ショウペンハウエル『読書論』と新潮45」


…………はい、かしこまりました。
[PR]
# by trasac | 2005-06-19 16:02

6月15日

3大ギタリストで憤る日。

すでにご存じの方もいると思うが、
マーボー氏は1人暮らしではない。同居人がいる。
その同居人が今年「思春期やりなおし」を計っているそうだ。

要は、仕事が少ないことをいいことに
今まで着手しようと思いながら着手してこなかった
文学や映画、音楽などの古典(=基礎)を
この機会にたたき込んでおきたいということらしい。

同居人のその気持ちを汲んで、
万年思春期をこじらしているマーボー氏は急遽
「思春期やりなおし塾」を開校。
そして折に触れ
「この本なら30分で読めるから読んでみなよ」
「まずはベスト盤から聴いてみなよ」と促してきた。

ところが、その門下生は最近“英会話”に興じていて
本や音楽をまったく読み聴きしていなかったうえに
「英会話スクールをもう少し延長したい」などと
相談してきたというのだから、塾長の怒りは爆発した。

「いいかい。君は今“思春期”をやり直しているんだろ?
 英会話? もちろん、いいよ、学ぶことは結構だ。
 でも3ヵ月って期間を決めて始めたんだろ?
 したら、自分がどのくらいの力がついたのかとか
 自分の立ち位置を知っておくのが先決じゃない?
 思春期っていうのは、ある一定の期間で何かを成し遂げることだと思うんだ。
 だから最初に決めた期間で一旦答えを出してみなよ。
 延長はその後でもいいんじゃない?

 それはそうと!

 読書はどうなってるの? 音楽は聴いてるの?
 さっきも『ロック界の3大ギタリストって誰だっけ?』ってさあ、
 その質問に僕は何百回と答えてるの知ってる?
 クラプトン、ジミーペイジまではいいよ。
 もう1人がジミヘン? なぜジェフベックが出てこない!
 すぐ聞けばいいと思ってて、全っ然覚える気がないからだよ!」

その門下生(同居人)は塾長の言葉を受けて
英会話については一旦の答えを出すことに決めたそう。
さすがマーボー氏、こじらせているだけあって言うことが違う。

にしても、後半のくだりはスゴい。
同居人も3大ギタリストのかどで怒られるとは
夢にも思わなかっただろうなあ。
[PR]
# by trasac | 2005-06-16 15:58

6月13日

検便、再検査の日。

施設では毎年4月に健康診断を行っているのだが
マーボー氏はそれ以後から勤め始めたため
「どっかで検査を受けてこい。そして結果を出せ」と言われたらしい。
なのでマー氏は区民健診を受けてその結果を提出した。
すると、検便に異常が……! 
といっても、別に“生産物”から異物が見つかったわけではない。
区民健診の検査は内容がライトだったため
もうちょっと詳しい検査結果が必要とのこと
「再生産よろしく」というわけ。

マー氏は、区民健診時も今回も生産物のウン搬を同居人に託した。
その時のお礼の言葉が以下。

「ウン搬ありがとう。
 ウンコを運ぶと運がつくから縁起がいいよ。
 僕も今日はウンコまみれになったです。ウンコで運つき」


“みつを”ばりのポジティブシンキングです。
[PR]
# by trasac | 2005-06-14 15:55